Bloggerでマークダウン

Bloggerでマークダウンコードテストvar Person = function(firstname, lastname, age) {this.firstName = firstname; this.lastName = lastname; this.age = age; this.setAge = function(age) {this.age = age; }; this.toString = function() {return ["Hi ! I'm ", this.firstName, " ", this.lastName, " and I'm ", this.age, " year old."].join(""); }; };

オレブラウザを作る 07

設定ウィンドウの続き。中身を作る。

ウィンドウの中身はNSViewというオブジェクトにオブジェクトを配置しそれを表示する、という形になる。ビューオブジェクトはウィンドウオブジェクトに対して動的に追加・削除が可能。

ツールバーのGeneric、Advancedに対応するビューをそれぞれ作成する。MainMenu.xibにてCustom Viewを探しObjectリストにまずは配置。二つ配置する。





Custom Viewにそれぞれ名前を付けておく。編集時にわかり易いようにね。Custom Viewオブジェクトを選択した状態でIdentity Inspectorを開く。下の方にあるLabelで名前を入力できる。それぞれCustom View - GeneralとCustom View - Advancedとする。





Generalに対応するビューにラベルとテキストフィールドオブジェクトを配置。大きさや配置はウィンドウをビュー側に合わせる形を取るので適当に。ここでホームページとなるURLを入力する。ラベルはダブルクリックで編集出来るので、Home Page:と入力した。Custom View - Advancedは取りあえず放置。



前回のswitchView_()ハンドラでこのビューをツールバーのアイコンに合わせて設定ウィンドウ内で表示する。

まずどのツールバーアイコンが押されたのか判断するとこから。どのアイコンが押されたかの判断はswitchView_()ハンドラの引数senderで判断が可能。senderはどのアイコンがクリックされたのかの情報を持っている。その情報はツールバーアイテムのAttribute Inspectorで設定されたTagの値。Tagの値はデフォルトで-1が設定されている。これを任意で設定。早速設定。Generalは10、Advancedは20とした。





判断するコードを書く。こんな感じ。

on switchView_(sender)
 set tagNumber to tag of sender as real
 if tagNumber is 10 then
  log "General clicked."
 else if tagNumber is 20 then
  log "Advanced clicked."
 end if
end switchView_

*tag of senderは明示的にreal型として扱う

これでアプリケーションを実行。設定ウィンドウのツールバーアイコンクリックでログ出力が確認出来る。



今回はこれで終わり。具体的にCustom Viewの表示が出来るのは多分次回。

コメント

このブログの人気の投稿

Bloggerでマークダウン