Bloggerでマークダウン

Bloggerでマークダウンコードテストvar Person = function(firstname, lastname, age) {this.firstName = firstname; this.lastName = lastname; this.age = age; this.setAge = function(age) {this.age = age; }; this.toString = function() {return ["Hi ! I'm ", this.firstName, " ", this.lastName, " and I'm ", this.age, " year old."].join(""); }; };

オレブラウザを作る 12

今回はWeb Inspectorを組み込む。

オレブラウザの設定内容をShared User Defaults Controllerで保存するようにしているけど、設定内容で「WebKitDeveloperExtras」というModel Key Pathを設けて真偽値で保存。そうするとWeb Inspectorが利用可能になる。簡単だね。

設定ウインドウでWeb Inspector利用の有効/無効を設定できるようにする。設定ウインドウにはGeneralとAdvancedがあったけどAdvancedで設定できるようにする。

Advancedビューにcheck boxオブジェクトとlabelオブジェクトを配置してデザインした。



check boxオブジェクトのbinding inspectorの内容はこう。



これでWeb Inspectorが利用可能になった。コードは特に書かなくていい。けど最初はこの機能を無効にしたいと思うからコードを書いておく。applicationWillFinishLaunching_()にこう書いた。

on applicationWillFinishLaunching_(aNotification)
    set userDefaults to standardUserDefaults() of current application's NSUserDefaults

    if stringForKey_("WebKitDeveloperExtras") of userDefaults is missing value then
        tell userDefaults to setBool_forKey_(false,"WebKitDeveloperExtras")
    end if

    set homepageURL to stringForKey_("homepageURL") of userDefaults
    if homepageURL is missing value then
        set homepageURL to "http://www.apple.com/"
        tell userDefaults to setObject_forKey_(homepageURL,"homepageURL")
    end if
    tell webView to setMainFrameURL_(homepageURL)

end applicationWillFinishLaunching_


起動して動作確認。設定を有効にした後、アプリを再起動。ウェブコンテンツで右クリックしInspect Elementsを選択するとWeb Inspectorが立ち上がる。





UI Testのページでconsole.log()の実行を追加。意図通りログ出力が確認できた。



いい感じになってきたので調子に乗ってJSを自由にテストできるようUI TestページにJS実行ウィジェットも追加した。Web Inspectorがちゃんと仕事してるなーって雰囲気も味わえる。

今回はここまで。

コメント

このブログの人気の投稿

Bloggerでマークダウン